スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C91 冬コミです!

こんにちは。自分でもびっくりですが、2年ぶりのブログ更新です!?
まじか。放っておいたのにもほどがありますね。申し訳ない。
気が付けばもう年末です。
2015年は思うように活動できない状態だったので、いろいろ2016年は爆発しました。

音声をやっている友人との新しい出会いもあって、ものすごく久しぶりにR18作品に挑戦したりしてw
今まで知らなかった世界の、創作の熱にもたくさん触れました。

鍵同人の仲間とも、相変わらず暖かくも緊張感のある創作の投げ合いができて、充実してたなあ。
2017年も相変わらず鍵同人は続けていきますし、今年から始めた(というより本格化した)シナリオ活動ももうちょい続きます。
来年は桐野たらだけでなく、ひょっとしたら久しぶりに鈴木このり名義のシナリオ活動もあるかもね。どうかな。
ともあれ一歩ずつ、新しいこと、面白いことにこれからも挑戦していけたらいいですね。

さてさて。コミケのご案内もしなくてはね。おしながきー(画像をクリックすれば大きくなります)
C91お品書き1
C91お品書き2

新刊はフタリノ恋5! 新刊画像をクリックすれば特設に飛びますよ!
00.jpg

あと内容もうちょい詳しくをpixivにもあげたのでよかったらどうぞ!


相変わらず寒い日が続きますが、どうか風邪などひかれませんように。
楽しい年末年始をお過ごしください。
コミケでお会いする人は3日目に僕と握手。ではよいお年をー!
スポンサーサイト

冬コミですよ!

またしても当日告知、本当に申し訳ない。
ツイッターが便利すぎてですな…

というわけでツイッターの新刊まとめをぺとり



今回新刊告知が凄いんだ。
コミケのたびに、うちのサークルを表で裏で支えてくださっている最上さんが作ってくれたんですが、
まさにプロの所業を存分に発揮してくれました。すげえ!
これできた時、れもさんからリアルで「!?!?!?」ってダイレクトメッセージが流れてきて、
何があったと回答したら、家に帰ったらこれができてて、私もとりあえずスカイプでれもさんに、
すげーーーーーっ!と叫んで二人で大騒ぎした。
いやあ、照れますけど、でもこうやって、応援してくれる人がいるってかなり嬉しいんで頑張ります。
ホント嬉しいな。

あと今日、あ、昨日かは前日搬入してきました。
たぶんそうそう経験しないダン箱が続々届く中、いち早く手に取れる新刊にわあわあはしゃぎながら作業して、
みんなでご飯食べて、前夜祭よろしくメンタルで鋭気を養ってきました。
あとは無事今日を終えられれば! 頑張りますよ。

あ、あと今回の「フタリノ恋」のれもさんの漫画パートは、私が2013年5月に書いたこの小説がもとになってます。
待ち時間でもよろしければ読んで頂いて、気になったらお手に取って頂けると幸い。

あと今回まとめ本出す、LLシリーズの過去予告もまとめて投下しておきます。
私も見返して色々思い出がまたぶわっと。駆け抜けたなー。

LL3 漫画予告(みさき樹里さんのpixiv)


LL3 小説予告


LL2 サンプル(みさき樹里さんのpixiv)


LL1.5 SS予告(まとめ本収録)


Lovesong for you予告(このりが書いたエピソード本 まとめ本に再録)


LL1予告(みさき樹里さんのpixiv)


今追ってて凄く懐かしかった!
色んな想いが詰まった作品ですので、よろしくお願いします。
走り抜けたもの、これから始まるもの。
2014年の締めくくりとなるようなコミケにしたいです!
それではお会いできる方は、また現地で!

鍵点6新刊出します。



サンプルはこんな感じ 
文庫サイズ 50P 400円 鈴木このりplanetarian二次創作個人小説本です。

今回もれもさんに表紙を書いて頂きましたー!
ていうか、れもさんが「出そうよ!」と言ってくれなかったら、この本も出てなかった気がします。
もともとplanetarian10周年アンソロ用に考えていた話が、勢い余って本になる長さになってしまったので、どうしよっかなーつってたら、超絶忙しいれもさんが表紙描いてくれるというので、私も頑張ったという。
今回もこのパターンです。

で、せっかくブログなんで、今回書きながら考えてたこと等つらつらと。
実はplanetarianはちょっとだけプレイはしていたのですが、なかなか色々あってて中断していて、
意を決して、再プレイしたのが、今年の夏でしたかね。
アイフォンアプリで読めてるようになってたのが大きかったです。
目次ごとに区切られているの、通勤時間向きですよね。ありがたかった。一気に星の人まで走破できました。

ええと花菱デパートは既に別の聖地があることも存じ上げてますが、私自身は当時渋谷東急の最上階にあった、五島プラネタリウムに、リアルで通い詰めていた子ども時代を送っていたので、なんとなくあの空気感を思い出しながら、planetarianを読ませて頂いてました。
(おかげで、スノーグローブの悪ガキのくだりは耳ならぬ、目が痛いのなんの。今なら分かる……あれは確かに悪ガキだとw たとえそこに悪ガキなりの愛情表現があろうともw)
正直、私が通ってた頃からサンシャインとかと比べると、ちょっとひなびた感があったのは否めないんですけど、なんとなく五島のほうがしっくりきて好きだったんですよね。
いや、当時は親にせがんで連れてきてもらった身分でしたけれども。
あのふわって暗くなって、夕暮れから星が見える瞬間とお姉さんの声が好きだったのは、覚えています。

そんなこんなで、planetarianいいなってなってるところに、10周年アンソロの話が来たので、
ちゃっかり乗らせて頂きましたw これがすべての発端。

ちなみにアンソロの方がどうしてくじら座だったのかというと、
最初はくじら座というより4月1日の星をネタにしたかったんですよね。
ちょっととっかかりが掴みづらかったので、自分の中でお題になればなーくらいの感覚で。
ほら4月1日ってエイプリルフールだし、プラネタリウムってある種「嘘の星空」だしって感覚で。
結局このへんの設定生かせてないんですけど、短編とかでも読みたい人いますかね?

なので、星言葉調べて頂けると分かるのですが、
くじら座 デネブカイトスは4月1日の星 星言葉は秘めた野心と理想です。

あとくじら座っていうと、私の中では某ミニスカ海賊の自宅のある星(タウ星でしたっけ)という認識くらい。
まあ、通常くじら座で有名なのは変光星ミラですよね。これもペルセウスのメデューサの首アルゴル(デビサバとかで有名なアルコルに非ず)とセットで、変光星で話作っても良かったんですけど、結局デネブカイトスに愛着わいちゃったんで、デネブカイトスで書いちゃったのでした。
ちょうど書き終わった頃、ゆめみちゃんbotがくじら座 ミラの話をしているのに気がついて、おおうってなったのは別の話。

で、最初に書いた話が勢い余って長すぎて、結果もろもろ整えて、今回の新刊になることになりました。
(二つ目に書いたものを、結局アンソロに寄稿することになりました)

あとあと、みなみのうお座 フォーマルハウトなんですけど、これはデネブカイトスがあったからこそ、今回取り上げた星ですね。
でも注目してみたらしてみたで、物語性があって好きになりました。
じわじわ、いいすね二匹の魚。
なんでちなみに、デネブカイトスとフォーマルハウトの二匹の魚の神話は、調べても出てこなかったんで、めっちゃいつも通り自分解釈です。
キリスト教的には、二匹の魚と五つのパンと言えば、奇跡と無償の愛の解釈とかあったりしますし。
このへんと「エルサレム」の死と生が同一線上にある死生観とか、掘り下げることに興味が無かったわけでもなかったんで、まあこのへんもいつか機会があればかなー。

さて、新刊の方では、久しぶりにA2っていうオリジナルキャラクターがでてきます。
オリジナル設定とかは常習犯ですが、オリキャラを作って話作ったのは、Kanonのあれ以来なんじゃないかしら。
あ、Key-Liaは除きますけど。
とにかく星屋が「星の人」に至る物語を、少しだけ自分の中で掘り下げて想像してみたかった。それが今回の動機です。

彼女の名前は、ゆめみのように「つけてもらった名前」ではなく、A2おそらく型番の末尾かなんかだったんだと思うんですけど、それでもそれなりに愛されて、職場と仕事に恵まれていたロボットという印象で書かせて頂きました。
発売前なので詳細な説明は避けますが、できれば読んでくださる方のplanetarianの思い出に自然により添えればと、願ってやみません。

イベントまであと一週間です。
風邪が流行ってますけど、元気でお会いできますように。
一応前の鍵点で発行した、小部数恭こまちゅっちゅ本も再版することになりましたので、
ひょっとしたらおしながきいる……かな?

またそのへん情報まとめたら浮上します。よろしくお願いしますー。

今週はついに夏コミ!ですね

御無沙汰しております。毎日暑いですね。

えーと、なんか気がついたら、夏コミまで秒読みになってました。
ホント、最近時間がたつの早くて。
なんかぼんやりしてたら、夏コミ告知もできないまま、夏コミ突入しちゃいそうなので、
慌てて浮上してきました。うん。とりあえず告知!

ちなみにテキストサンプルはこちら!

いつも通り、リトルバスターズ!恭こまです。
でも今回はそろそろ理樹鈴もがっつり出番なので、こんな感じ。
恭介と小毬、理樹と鈴の二組のカップルを軸に進んでいく感じの長編の2冊目!(準備号ですけど!)
入稿は済んでますんで、よほどの不備が無い限り、出る……はず!
おしながきはまた別途作る予定ですが、今回既刊がほぼvol.1しかない状況だったりするんで、
わりと多めに持ちこむ予定ー
お買い物のついでにでも、立ちよって頂けると嬉しいですー

あと参加しました情報いくつか。

ひとつめは、
かぎふぇす!
3日目つ10a My-yuki Projectさんでの合同誌に参加してます。

れもさんも表紙&挿絵で参加してますが、私も140文字の世界で参加してます。
詳細は下のリンクをぽちっとどうぞー。
『かぎふぇす!』参加してます

先日のかぎふぇす!ラジオでは、まさかサンプル作品として読みあげて頂けるとは思わず、びっくりしました。
あ……この言い回し、どっかで聞いたことが……あ、私だこれ。
ホントそんな心境になるんですね。びっくりした。
それくらいもの凄く気楽に投稿フォームから応募しちゃってましたw
あとリトバスだったかなー。どんな本になってるか私も楽しみです。

それからそれから、
古居すぐりさん主催の
「AIRおまつり本」
にも参加させて頂きましたー!
今回はれもさんだけじゃなくて、このりもちゃんと描きましたよ!
すげー幸せ気分でいそいそタブレット取り出して描かせて頂きました!
みすずちーん!
詳しくはカンソラさんのC86情報で!

みっつめー
しっこく羊羹さんの
「リトルダンジョン完成記念小冊子」
に参加させて頂きましたー!こちらもイラストで、美鳥!
始まった当初から応援させて頂いてはいたんですが、
もう5年も作ってたんですね。お疲れ様ですー。
詳しくは、しっこく羊羹さんのブログで!

あともうひとつ、でっかいの告知してないんですけどね。
あのオリジナルゲームの事なんですが。

こちらはもうちょっと詰まったら、改めて告知しますね。
今こちらはまさしく修羅場続行中なので。
こちらも愛一杯こめて作ってますので……!
それではまた!





鍵点はじまるよ(再び)

御無沙汰してます。えっと、生きてました。
このブログ、夏コミ以来ですね。冬コミどこいった。
いや冬コミも一応新刊出してましたけど、恭こま。
一応冬からシリーズ始まったんで、夏もその絡みの本が出る予定。出る…よね。出したい。
あ、夏コミ、おかげさまで今回もスペース頂けました。
日曜日西つ06b
ありがたや。でも番号聞くと、身が引き締まりますね。

んーで、とりあえず、鍵点です。
うちのメインは、これです。れもさん作の、小毬の胸でもふもふするクッション!



実はこれ、言いだしっぺは私。
サークルとしての、小毬クッションは2回目なのですが。
(抱きしめたりちゅっちゅしたくて作ったりんこまでしたね。あの時は。)

ただ、その後の反省会(という名前の二人飲み)で、
今度のクッション作る時は、お昼寝で使った時に、頭が小毬の胸にくる感じだったりしたら最高だよね!
という私の発言をれもさんが覚えていてくれてて、このクッションが実現しました。やたー!
結構発色とか布とかこだわり抜いて作ってたみたいなので、ぜひよろしくお願いしますー。


で、それでですね。
たぶん5月だったと思うんですけど、
ある日、れもさんとさぎょいぷで、小毬猫耳で盛り上がったんですね。

きっかけはクッションの話だったのは、覚えてるんです。
次回がもしあったらどんなのがいいとか言われて、
じゃあ、次は猫耳ビキニお願いしますっとか、なんとかまた私が言ってて、
ああ、いいねーとかれもさんも、食いついてくれてて、そんなことしていて、
確か私、次の日仕事休みだったんですね。要するに夜更かしできる……と。

その頃、れもさん凄く仕事が忙しそうで、なんか話してても疲れてそうだなーと心配はしてて、
なんか軽く元気づけられるもの、……まああと、ちょっとした私の悪戯心もあって。

きょうこまで、しかも猫耳小毬で、かなりいちゃいちゃ濃い目の短編を即興で書いて、
黙って翌日午後にいきなり送りつけたんですよ。
……まあ、最近書いてないような、結構性的な奴。
18禁まではいかないけど、読んでる時に、背後気にしたくなるくらいのバランス狙って。

そこでれもさんが「ぎゃー」とか「ふえええっ」とか言ってくれれば、私的には「うふふ」って感じだったのですが、れもさんから返ってきたリアクションが、まさかの「これ、本にしよう!」だったわけで……。
私、素で「マジか」と答えてしまいました。

そして「本にしよう!」とれもさんが言いだすと、うちの場合、だいたい本になります。
れもさんと最初にタッグ組んだ時から、そうでしたからね。
それでもさすがに最初はビビって「いやいやいや、さすがに本になること前提で作ってないから」と尻ごみからの、「じゃ、じゃあ、一晩練ってみて形になってから、でいいすか」とか予防線はりまくった後、結局なんとか一晩でなんとなく形になったので、本になることになりました。人間やればできる……。
もちろん後からきっちり推敲したので、読みやすさはいつもの本と同じくらいにはしてあります。そこはご安心くださいませ。

表紙絵は、こちらです。



キャッチフレーズは
「女装恭介と猫耳小毬がちゅっちゅしまくる本」

我ながらひどいなw

あ、ちなみに私もともと恭介女装は、推進派です。
理樹と並んでツートップになればいいと思うの。
ほら、恭恋さんとか恭子さんとかいるじゃないですかー。あれはいいもの。
今回女装ならではのあれこれは詰め込めなかったんですけど、
恭介女装もっと広がればいいのに、という妄想だけはたっぷりこめつつ。

一応、新刊はれもさんと二人で続けているシリアス恭こまシリーズ「フタリノコイ」の亜種という位置づけですが(セルフ外伝という扱いでもいいですが)発端がこれなので、読んで頂く際には、ホント壁用意して、ご覧になって頂けると……。
短編なのでさらりと読めます。もしよかったら、お手に取ってくださいませー。

あとあと、今回の鍵点、実は別の一晩で盛り上がった企画第二弾もあったりするので、もう一冊出せたら、いいなーと思いつつ、できるかなー。こちらは当日製本になるかもですが。
いや、そうならないよう頑張るけど。ばしばし書きます。

いろいろ楽しみたいですね。おしながきとか値段とかはまた後ほど!
そうそう、今回yaeさんの本とかも委託しますよ!ふおお……。
いつかのイベントで即完売した、あの伝説のイラスト集です。
持ってない人は、ぜひぜひこの機会にどうぞ。

ではではまた頑張ってきます!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。