スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の収穫物自慢16(甘杏さん主催・恭こまアンソロ「おさらいっぱいのほっとけーき」)

今週のご紹介は、ちょっと週末より早めです。うまくいけば2冊。
だって、今週ご紹介する予定の2冊とも、リトバスパーティ参加の、
バ-01 甘杏さんで販売されますから~。
ちょっぴりそんな、応援企画です。気になったら、お立ち寄りくださいね!

さてさて、はじめましょうか。
今週ご紹介の1冊目は恭介×小毬、略して恭こまアンソロジー。
おさらいっぱいのほっとけーき
甘杏さん主催
C76新刊 恭こまアンソロジー おさらいっぱいのほっとけーき

恭こまアンソロジー「おさらいっぱいのほっとけーき」の特設サイトはこちら

作家28人によるアンソロジー。
この人数が一丸となって恭こま描いてるんですから、凄い迫力です。
いやもう企画立ち上がったときから興奮してたし、出来たときも本当に嬉しかった。
まさか自分が今一番書いてるカップリングからアンソロ出るなんてね。
それが手元にある。純粋に嬉しいね。

むしろこの本のご紹介が遅くなったのは、私自身思い入れがありすぎたっつーのもありまして。
この本は珍しく知り合い多めな感じだったのもあって、アンソロができていく過程を、
リアルタイムで感じられたのがくちゃくちゃ新鮮だった。
アンソロって、ホント、力の結集だー。
透音さん、そしてこのアンソロに参加した全ての作家さんに
この本作ってくれてありがとう
一読者としても、心からお礼を言いたいです。

作品は、正直もうどれ選んだらいいのかわかんないくらい、どれもこれも素敵なので。
このりが絡みやすいという理由だけで透音さん悠月さんの作品を有無を言わさずご紹介。
あとたまにはこのりもセルフ感想。
ホントに今回は許可とってないよw 後で二人の反応が楽しみです。

■透音さん漫画「Trifokium repens」
幼い日の恭こま。一瞬の二人のすれ違いにキュン死できる。
私はこれを読んでぎゃーと叫びました。なんていうか、もうどこまでこの人は。。。
悔しいですが、私は透音さんの恭介がどうしてそんな表情してたとか、二人がなぜ河原にいたかとか即座に妄想できます。それだけ妄想のツボを押すのがうまいんです。この人はもう。
どうでもいいですが、私は透音さんの髪を下ろした2つ結びこまりんが可愛くて大好きです。

■悠月さん漫画「チョコ☆ストロベリー」
手を使わずに口でいっちゃう恭介さんGJ
(こう書くとなんかえろいことに今気付いた。面白いのでもう書きなおさない)
またね。この構図がね。ええもうやられた。もうリアルで転がったよ。うわーうわーうわー。
こんなほんのちょっとしたささいなやり取りにドキドキしちゃうのって、恭こまらしいよね。
またね。あの味を選ぶのがなんとなく恭介らしくっていいなーって。
ああなんて可愛いお話。

■このり小説「優しい世界」
脱稿したときも書きましたが、この話、いつも以上に凄い難産でした。
最初はみんな恭こまだから甘い話でくるだろうなーと思って、
ここはあえてビターな恭こまはどうよとか思って書いてみたら、もう纏まり悪いのなんの。
決断して半分書いたところでまるっと書き直し、結局いつものような甘い話になりました。
まあ、このりらしい話に仕上がったんじゃないでしょうか。
この話生み出せたことには、結構満足してます。

そういえばですね。実はこの小説の装丁、れもさんのちょっとした仕掛けがあるのですよ。
ページの下のほうに恭こまの影が入ってるんですが、ラストページのところだけちょっとだけ違うの。
おしまいって手を繋いでるんだよ。見てみてね。むふー。

本日はこんな感じで。

追記:こめんとれす(右のコメント返信と同じことが書いてあります)
9/5くるみるみさん

わーいありがとうございます
ご本人の登場だー!
こちらこそご紹介させて頂き、ありがとうございましたー!ていうか、佐々木さんと理樹子ホント凄かった。こちらこそ、ごちそうさまでしたー!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。